最新情報

農業へのドローン活用

自動車会社がハイブリッド自動車の開発に一区切りつけて、空飛ぶ自動車の開発にシフトしているようです。近々お空をたくさんのドローン自家用機が飛び交うことでしょう。

さて、今回は農業にドローンをどのように活用すればよいかですね。ミカン産地ではミカン畑の中をレールを敷いてかなりのコストをかけて貨物用のレールを作っていますが、ドローンの活用でレールがいらなくていろいろな畑の場所に物資の輸送ができますね。もちろん農薬の散布も簡単に散布できるようになります。

テレビカメラを付けると空中から畑の状況をつぶさに観察で決まる。4Kテレビカメラにすればより鮮明に作物のよう様子が手に取るように確かに観察できるはずです。毎年の農業エキスポでもドローンのコーナーはたくさんの人だかりとなっていますね。さあ、みんさんもドローン活用考えてみましょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP